畳とは

畳は日本固有のもので、平安時代から現在に至ります。
乾燥した稲わらを圧縮させたものを縫い、イ草を織った畳表で包んだ形になっています。
畳縁を逢着したもの、ふちなしと呼ばれるものに別れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です